がん研究者が心の底から「標準治療を選んで!」と訴える理由

病気・医療

  • 409
  • 1
  • 0

favicons?domain=gendai.ismedia Kodansha Bluebacks 2019.02.27 UPDATE

「本当に、本当に、皆さんに知って欲しいことがあって、今回は強い思いを持って、この記事を書きます」 米国在住のがん研究者・大須賀覚先生がここまで訴える「がん標準治療を選択せず、代替医療へ進むことの危険性」とは? がんにかかわるすべての人にとって必読、渾身の記事をお届けします。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

名古屋市立大学大学院医学研究科医療人育成学分野 講師 博士(障害科学)

米国在住のがん研究者による記事です。

実際の論文のデータを交えながら、標準治療を強く勧めています。1つはアメリカで行われた標準治療を受けた群と代替療法を受けた群の生存率の比較。もう1つの研究は標準治療のみを受けた群と標準治療に代替療法をプラスして受けた生存率の比較で、どちらの研究も代替療法を受けた群で生存率が下がっています。

これらのデータから、筆者は標準療法を強く勧め、結びでも標準治療を適切に受けないことは大変危険を伴うため、保険診療を行っている医師に相談することをお願いしてるのですが、もう1つのお願いとしてネットに広がる信憑性のはっきりしない、がん治療情報を安易に拡散しないでください、とお願いしています。あなたが安易な気持ちでシェアした情報は、貴重な人の命を奪う可能性が本当にあります、とも言っています。

がんの患者さんだけでなく患者さんをとりまく方、1人でも多くにこの情報が伝わると良いなと思います。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です