乳製品をたくさん食べる人は死亡リスクが低い

食事

  • 326
  • 3
  • 0

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経gooday 2019.02.22 UPDATE

1550815711FAoYJX7l4W

乳製品の摂取量が多い人ほど、循環器疾患にかかるリスクや死亡するリスクが低いことが、カナダの研究で明らかになりました。

記事全文を読む

14485255348c7d4a55e12edae2c16bc2f81f09fec4

児林聡美

HERS M&S 代表、保健学博士、公衆衛生学修士(MPH)、農学修士

乳製品をたくさん摂取している人では、死亡率や循環器疾患にかかるリスクが低いという研究結果が出たそうです。
この根拠となった研究は、21の国に住む約15万人という大規模な調査データを用いて行われています。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30217460

けれども、研究対象となった国を見てみると、アルゼンチン、バングラディッシュ、ブラジル、チリ、コロンビア、インド、パキスタン、南アフリカ、ジンバブェ…などの国が含まれています。
全体的には発展途上国の対象者の割合が多い印象です。

このような人たちの中で乳製品を多く食べている人たちというのは、どのような人でしょうか。
食事全体の栄養素の摂取状況も好ましい可能性があるし、高度な医療を受けられる人たちかもしれません。
だからこそ、乳製品の摂取が多い人たちの死亡リスクが低いという可能性もあります。

この研究では、野菜や果物、赤身肉などの摂取量には差がないと仮定した解析をおこなってはいますが、食事全体の質や、受けられる医療の質といったことは考慮されていません。
実態を表せている研究結果なのか、ちょっと疑問がありそうだなと思いました。

いずれにせよ言えることは、乳製品だけを食べても健康にはならないということです。
日々の食事に取り入れる様々な食品の候補に乳製品も加えておけば、その分食べる料理のレパートリーも広がり、摂取できる栄養素の種類も自然と増える、という程度に考えておけばよいのかな、と思います。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です