カプセルに注射針仕込んだ「飲むインスリン」…MITが開発

病気・医療

  • 317
  • 3
  • 0

favicons?domain=yomidr.yomiuri.co ヨミドクター 2019.02.19 UPDATE

米マサチューセッツ工科大(MIT)は、糖尿病の患者に必要なインスリンを、飲むだけで摂取できる小型のカプセルを開発したと発表した。インスリン投与のために定期的に注射を打つ患者の負担を減らすのが狙いという。  カプセルは直径1センチ程度。外側はプラスチックでできていて、中にインスリンを固めて作った針と小さなバネが収められている。  カプセルを飲むと、胃の中でバネを覆う砂糖の筒がとけて、バネの力で針が外に押し出される。針が胃の膜に刺さり、インスリンが体内に吸収される仕組みだ。

記事全文を読む

1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4

雜賀智也

医学出版社勤務編集者、薬剤師、メディカルライター MPH

血糖を下げるホルモンであるインスリンは、内服すると胃酸で分解されて効果を発揮できません。このため通常は皮下注で投与されます。
記事は、MITがインスリンを経口で投与可能とするカプセルを開発したとする内容です。カプセルに仕込んだ針が胃壁に刺さりインスリンを注射するそうです。
まだ開発中のものですが、インスリン以外の内服ができない薬にも可能性が広がりそうで、楽しみです。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • usericon_noimage
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です