肺疾患「たばこ病」、国内に530万人 自覚ない人多く

健康・予防

  • 318
  • 2
  • 0

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経gooday 2019.01.15 UPDATE

1547519415s25CCjl7kW

喫煙などが原因で呼吸機能が低下するCOPD(慢性閉塞性肺疾患)。症状が進むと日常生活に支障が出るだけでなく、死亡する危険もある。適切な運動をしたり食事に気を配ったりすることで呼吸困難などの症状を抑えることができ、患者だけでなく周囲を含めた取り組みが大切だ。

記事全文を読む

14279372274c08aa32939127469cb8d4d052380108

田淵貴大

大阪府立成人病センターがん予防情報センター 疫学予防課 課長補佐 医師 博士(医学)

COPD(慢性閉塞性肺疾患)という名称は、一般の方には分かりにくいため、「タバコ病」と呼ばれます。他にも咽頭癌や喉頭癌など、たくさん「タバコ病」はあるのですが、COPDという病気は典型的なタバコ病です。タバコがこの世になければ、誰もこの病気にならなかったであろう、というレベルで、タバコが原因のほぼ全てを占めます。
 しかも、COPDの何が問題かというと、「苦しい」のです。肺が全体的に壊れてしまう病気ですから、息苦しさがずっと続くこととなります。根本的な治療法はありませんから、予防することが重要です。
 予防する上で重要な考え方は、「メカニズムや詳しいことが分かっていなくても、予防できる」ということです。タバコの中のどういった化学物質が肺胞のどの細胞にどんなふうに影響しているのか、全く理解していなくとも、予防はできるのです。
 予防方法はある意味簡単です。禁煙すること、タバコの煙に曝露されることを防ぐことです。現在の日本にはタバコを吸っている人がまだ成人の約20%もいて、飲食店は全面禁煙ではない場合が多いですから、予防するのはある意味ではとても難しいですね。
 タバコの煙を社会的に防ぐ取り組みとして、最近、法律が改正されました。健康増進法において、公共的空間は原則的に屋内禁煙とすることが求められます。社会的取り組みとしても屋内禁煙を進めて、タバコの煙の害を減らすことが期待されます。
 個人的な禁煙を推奨し支援することとともに、社会的にも禁煙しやすい環境が整備されていっています。COPDはとても苦しい思いをすることとなる「タバコ病」ですから、是非予防してほしいと願っています。
 

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です