エイズの今 発症・他者への感染も早期治療で防げる Dr.今村の「感染症ココがポイント!」

病気・医療

  • 109
  • 0
  • 0

favicons?domain=style.nikkei NIKKEI STYLE 2018.12.05 UPDATE

気になる感染症について、がん・感染症センター都立駒込病院感染症科部長の今村顕史さんに聞く本連載。今回は12月1日の「世界エイズデー」にちなんで「HIV感染症/エイズ」を取り上げる。かつては「エイズ=死」というイメージがあったが、治療が飛躍的に進歩した今では、エイズの発症を抑えることができるようになっている。一方、根強い偏見や無関心が、早期発見・治療の妨げとなり、新たな課題が生まれてきている。そんなエイズの現状を、正しく知っておくことから始めよう。

記事全文を読む

usericon_noimage

酒匂 赤人

国立国際医療研究センター国府台病院総合内科医師 公衆衛生学修士

世界エイズデーと映画「ボヘミアン・ラプソディ」のヒットで、HIV/AIDSを取り上げた記事が見られますね。ヘルスナッジでも、
フレディ・マーキュリーの死 「不治の病」だったエイズの治療が劇的に進歩した理由
http://healthnudge.jp/12387
をとりあげたばかりですが、続けてもう一つ、感染症の専門家が書いた記事を取り上げます。世界の状況も含めて、幅広く解説していて、わかりやすいと思いますので、この機会に一度勉強してみてはいかがでしょうか。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です