オーガニック食品でがんのリスクは減るか

食事

  • 197
  • 2
  • 0

favicons?domain=toyokeizai 東洋経済オンライン 2018.11.21 UPDATE

オーガニック食品を買う人は、それが健康にいいと信じて高いお金を払っている。しかしこれまでは、オーガニック食品が本当に体にいいのか、証拠は示されていなかった。 だが、フランスで行われた研究で、オーガニック食品をよく食べる人はまったく食べない人に比べて、がんの罹患率が25%低いということが示された。これは約7万人の成人を5年間継続的に調査した結果、報告されたものだ。オーガニックの果物や野菜、乳製品、肉などをよく食べている人は、特にリンパ腫にかかる割合が低く、また閉経期乳がんにかかる割合も、著しく低かった。

記事全文を読む

14473235612ffcdccd137cf89b3ff1a78dd139aa76

尾瀬功

愛知県がんセンター研究所 疫学・予防部 主任研究員 医師 博士(医学)

 オーガニック食品(有機農業食品、農薬や化学肥料を使わない食品)を多く食べている人はがんになりにくいとする研究を紹介した記事です。
元の論文は https://jamanetwork.com/journals/jamainternalmedicine/fullarticle/2707948 (英語)
 論文に専門家がコメントを寄せているように、この研究だけではオーガニック食品がいいのか、単に普通の野菜をもっと食べるのがいいのかわかりません。野菜をたくさん食べることが体にいいのは確実なので、とりあえず野菜を食べましょう。

 さて、日本では食事にさえ気をつければ、大抵の病気にはならないと思っている人が多いです。しかし、食事による予防の効果は思われているほどではありません。日本人について行われた研究を元に、がんの原因の割合を推定した論文(https://academic.oup.com/annonc/article/23/5/1362/193991)では、
過剰な塩分 1.6%
果物不足 0.7%
野菜不足 0.6%
とされています。つまり、日本人全員が理想の食事をすれば、がんが2.9%ぐらい予防できそうですね。これはたばこ(19.5%)、お酒(6.3%)などと比べるとそれほど大きくはありません。健康を考えるときには1つのことにこだわるより、バランスをとったほうが得られる効果は高くなりそうです。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • usericon_noimage
  • 1468394389f93b2765c5048342b755e060852c3d78

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です