高齢者のアルコール依存症が増えているのはなぜ?

メンタル

  • 278
  • 1
  • 0

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経gooday 2018.10.05 UPDATE

1538558741XY05ipU8dm

【問題】近年、高齢者のアルコール依存症の人が増えています。その理由の1つとして挙げられるのが、「高齢になると、アルコールの分解速度が落ちてしまうから」。これってホント? ウソ?

記事全文を読む

142735085000caa3fbdf789c1202e7a082a746ac31

村山洋史

東京大学高齢社会総合研究機構 特任講師 看護師・保健師 博士(保健学)

アルコール依存の患者さんの中での高齢者の割合が増加しているという記事です。記事内でも言及されているように、高齢化が進み、社会全体で高齢者の占める割合が増加しているので、アルコール依存の患者さんの中での高齢者の割合が増えても不思議ではありません。こういった場合、「年齢調整」(集団内の年齢構成の影響を取り除く方法)という方法を取らないといけません。
記事からは、年齢調整の結果を知ることはできませんが、人口の高齢化のスピードに比べて、アルコール依存の患者の中での高齢者割合の増えるスピードが速いので、年齢調整しても高齢者割合は増えているかもしれません。
厚生労働省のサイトをチェックしたところ、「近年、アルコール多量摂取者の中での女性と高齢者の割合が増えている」と紹介されていました。
アルコール分解能などの生理的な機能の変化も原因だと思いますが、特に男性で「退職してすることがなくなり、それがストレスでお酒に逃げる」というケースも少なくないようです。
仕事をしていると色んなストレスを感じますが、仕事がなくなったらなくなったでストレスを感じてしまうとは皮肉ですね。そうならないように、自分のいきがいを見つけるのも大事ですし、どんな世代でも楽しみやいきがいを見つけるチャンスの多い社会を作っていきたいですね。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です