『林先生が驚く初耳学!』でBMIの新事実 BMI25~30の肥満1が日本では一番長生き?

健康・予防

  • 1,385
  • 4
  • 0

favicons?domain=news.nifty niftyニュース 2018.09.23 UPDATE

多くの人が、自分の体型を気にして計算したことがあるであろうBMI。一般的には、この数値が「25以上だと肥満」と言われている。 ところが、16日に放送された『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)では、BMIと体型にまつわる新事実が明らかにされ、話題を呼んでいる。

記事全文を読む

14485255348c7d4a55e12edae2c16bc2f81f09fec4

児林聡美

東京大学大学院医学系研究科 社会予防疫学分野 特任助教 保健学博士、公衆衛生学修士、農学修士

BMIが25以上という肥満体型のほうが、長生きであるとテレビで紹介されたようですね。
何かの根拠があってそのコメントがつくられたのでしょうが、現在の専門家の見解とは異なるものです。

死亡率が最も低くなるBMIの範囲というのは、厚生労働省が公表している「日本人の食事摂取基準2015年版」の中で示されています。
その値は
18~49歳で18.5~24.9
50~69歳で20.0~24.9
70歳以上で22.5~27.4
です。
この結果を導くために、日本人の大規模研究の文献を複数集めていますし、他にアジアや欧米の研究とも比較しています。

このように、年齢によって、死亡率が最低になるBMIが異なることが分かっています。
確かに、70歳以上の高齢者に限ると、BMI25以上がよいのかもしれません。
けれども、現在すでに長寿の日本でBMIの分布をみると、70歳以上の高齢者でこの範囲のBMIの人が大多数とぃうわけではありません。
もう少し低めのBMIの高齢者のほうが多いです。

そのため、実際に目標とするBMIの範囲は、現実のBMIの分布を考慮して、以下のように決められています。

18~49歳で18.5~24.9
50~69歳で20.0~24.9
70歳以上で21.5~24.9

この値は、専門家が多数の文献を読み込み、現実とすり合わせて決定されました。
根拠となった文献や、値決定のいきさつは、厚生労働省の公表している報告書で確認できます。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/eiyou/syokuji_kijyun.html

テレビで紹介された、出典や根拠が十分に説明できない数値に惑わされることなく、科学的根拠を積み重ねて作られた基準をどうぞ信用してください。
みなさんが飛びつきたくなり、鵜呑みにしたくなる魅力的な情報は、魅力的に感じるように作られていることが多いものです。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1513578965bdd7e5188a73decf7ea807db9c967af6
  • 14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です