100均で揃う防災グッズで防災セットを作ってみた【ダイソー・セリア】

健康・予防

  • 189
  • 0
  • 0

favicons?domain=www.birumendesu ビルメンデス 2018.09.18 UPDATE

島根、大阪、北海道と、9月までに3度も大規模な地震が発生した2018年。 年初の豪雪や記憶に新しい猛暑や豪雨、台風21号などの異常気象などもあって、「明日は我が身だな…」と不安を感じている方も多いかと思います。 用意しないとな、とは思いつつ、先延ばしになっていた我が家の防災袋の準備なんですが、先日の「北海道胆振東部地震」もあってかAmazonで取扱のある防災セットは次回入荷が2ヶ月ほど先になっていました... …しかも結構高い。 入荷待ちの間に災害が来るのも怖いし、内容物を確認してみると1点1点は100円ショップでも売っていそうなものばかり。 そんなわけで、今回は なるべく低予算 災害発生後は一時的に避難所で過ごす可能性がある 食料は普段から多めにストックをしておく「日常備蓄」をしている という想定で、必要最低限の防災セットを作ってみました。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

藤田保健衛生大学医学部公衆衛生学 講師 博士(障害科学)

以前、【精巣腫瘍】ガンで睾丸を摘出することになりました(http://healthnudge.jp/12030)で取り上げたブログですが、今回は100均で防災グッズを揃えてみた!というとても実用性の高い記事を書かれていたのでご紹介します。個人的にも市販のセット品を買うよりは、ご家族の構成などに合わせてこのような形で個別に揃えていく、というのがオススメです。もちろんそんなの面倒!という人もおられると思いますが、セット品に入っているものが必ずしもご自身の普段の生活に沿った防災用品にぴったり、ということは稀だと思いますので、カスタマイズの際にはこのように100均を活用するのはとてもオススメです。個人的には、ここには出ていませんが消毒用のコットン(個包装)やチャッカマン、ここにも出ている携帯用トイレやおしりふき、ウエットティッシュ、紙皿紙コップ、軍手はオススメです。

ヘルスナッジのコンセプトとは少しずれるかもしれませんが、このように日用品を備えることで、いざという時の怪我やその後の持病の悪化などのリスクも減らせるかと思います。まだ防災用品を揃えていない、いろいろみて回ったけど売り切れてる!という方は是非こういったサイトを参考にして揃えてみてください。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です