医師が提唱「イソジン⽜乳」の怪 うがい薬入りの牛乳でがんが消える?メールと⼝コミで拡散も

健康・予防

  • 901
  • 4
  • 0

favicons?domain=www.huffingtonpost HUFFINGTONPOST 2018.09.12 UPDATE

15366334776v1BQ814Qx

牛乳にうがい薬のイソジンをたらし、毎日飲めばがんが消える。ちょっと信じがたいそんな情報が、一部のがん患者の間に出回っている。考案者は西日本の医師で、信じた患者からほかの患者に広がる、ということも起こっている。 医師はどんな根拠で言っているのか。なぜ、不特定多数に勧めるのか。調べていくと、医師に自信を持たせた学術誌の安易にも見える編集姿勢にまで行き着いた。根拠薄弱な療法は、思わぬ健康被害を招く恐れも指摘されている。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

名古屋市立大学大学院医学研究科医療人育成学分野 講師 博士(障害科学)

 専門は整形外科で、病院でがん患者を診ることはないと話す医師が提唱するこの治療法。その医師の考え方に開いた口がふさがりません。

 仮説を提唱するまではまあ良いと思います。そして仮説を採用する学術誌に投稿するのもまあ、良いと思います。そしてその論文を採用するのも学術誌のポリシーですので良いとは思わないまでもそういった学術誌があるので仕方ないと思います。

 でも、その科学的効果を細胞や動物実験レベルでさえ確かめていないこの方法を、全国の患者会にメールでおくりつけ、がんが治る人が増えてほしいといいつつ患者が試すことで自説が正しいか確かめたいというのは、医療に関わる人間の姿勢としてどうなのかと問い詰めたい。

 本当にこの仮説が正しいことを科学的な手続きにのっとって実証したいならば、実験室レベルで仮説を検証し、ちゃんとした手続きにのっとってヒトへの治験を行えばよいのです。仮説は仮説であって、効果が示された治療法ではありません。効果もわからない、副作用も起こるかもしれない、細胞や動物レベルでさえも確かめられていない。そのようなものを、なぜ、今がんに苦しんでいる患者さんに、無責任に勧めるのか。この記事を読んで怒りに震えました。

 記事自体には、仮説を提唱した医師本人、患者会、国立がん研究センターの若尾先生、民間療法などの注意点を発信している島根大の大野先生、とこれ以上ない方にしっかりと話を聞いていてよい記事だと思います。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • usericon_noimage
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です