きゅうりで11キロ痩せた男性のすごいやり方

ダイエット

  • 388
  • 2
  • 0

favicons?domain=toyokeizai 東洋経済オンライン 2018.09.07 UPDATE

最近、話題の「きゅうり食べるだけダイエット」。 スーパーの野菜売り場では、夕方にはきゅうりがなくなる!という現象も起こるほど。テレビでも取り上げられ、SNS上でも成果報告をアップする人が続出中だ。 これは、東京・南麻布にあるミシュラン2つ星の和食の名店「分とく山」総料理長である野崎洋光氏が考案したダイエット方法で、自身も2カ月で11kg減量という成果を出している。

記事全文を読む

14485255348c7d4a55e12edae2c16bc2f81f09fec4

児林聡美

東京大学大学院医学系研究科 社会予防疫学分野 特任助教 保健学博士、公衆衛生学修士、農学修士

食品○○を食べて、やせた!健康になった!というこの類の情報、また出ていますね。
今回はきゅうりだそうです。
きゅうりに含まれている、何やら難しそうな物質名の効果を説明されると、説得力があり、そんな気がしてくるから不思議です。

でも、きゅうりを食べ増やしたということは、代わりに何か食べ減らしたものがあるはずです。
小腹が空いたときや夜食代わりに食べたと書いてあるところから、食べ過ぎていたお菓子やラーメンが減ったのかもしれません。
そして、その効果はきゅうりを食べた効果よりも大きい可能性があります。

何かを食べたら効果があったという体験談は、それを食べたことでほかの食事がどう変わったのかを想像して、本当は何が原因で効果があったのかを冷静に分析できるようになりたいですね。

私はダイエットのためではなく、おいしいからきゅうりを食べたいです。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です