「粉末の水素水」発売 食べ物などに混ぜて利用

食事

  • 127
  • 5
  • 1

favicons?domain=www.gifu-np.co 岐阜新聞Web 2018.08.24 UPDATE

1534992668wUe0MNtZWc

ミネラルウオーター製造販売の奥長良川名水(岐阜県関市)は21日、水素水を粉末にした新商品「ハイドロエッグ水素パウダー」の販売を始めた。水素が持続的に発生し、無味無臭であるのが特徴。味に影響を及ぼさないため、飲み物のほか、食べ物などに混ぜて利用できる。年間1万箱の売り上げを目指す。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

藤田保健衛生大学医学部公衆衛生学 講師 博士(障害科学)

 水素水については何度か取り上げていますが、今度は粉末化した水素水が発売されたそうです。岐阜大と東京工科大との共同研究だそうですが、ふーん・・・・。

 以前の記事(http://healthnudge.jp/11774)で中田先生もおっしゃっていますが、水素水の効能の多くは水分補給だそうで、それなら別に水素水じゃなくてもいいですよね。会社HPより(https://www.okunagaragawa.jp/SHOP/83.html)このパウダーの成分を見ても、ブドウ糖、難消化性デキストリン、マルトース/二酸化ケイ素、水酸化カリウム、塩化マグネシウム、酸化マグネシウム、L-トリプフトファン、L-グルタミンとなっており、一般的なスポーツドリンクでよさそうです。参考までに大塚製薬のポカリスエットの原材料は、砂糖、果糖ぶどう糖液糖、果汁、食塩、酸味料、香料、塩化K、乳酸Ca、調味料(アミノ酸)、塩化Mg、酸化防止剤(ビタミンC)となっています。

 またこの製品の特徴である、「水に溶かすと48時間以上水素が発生する」技術に該当する特許広報はこちらのようです(http://www.conceptsengine.com/patent/grant/0006261097)。マイナス水素イオンとか、聞いたこともない用語が出てくるんですが、特許としては認められてるんですよね・・・。

 ちなみに特許権とは日本弁理士会によれば「特許権は発明を保護するための権利です。
発明とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち、高度のものをいいます。」となっています。発明は自然法則を利用した技術的思想の創作ではありますが、そこに「科学的に再現が取れる」「ヒトで効果が示されている」といった要件は入っていません。つまり細胞でも動物実験でもともかく1度効果があるというデータを示すことができ、さらにそれが新規性や進歩性に優れていれば特許として登録されるにいたることができます。ですので、「特許取得」と「科学的なエビデンス」は全く別物だと必ず念頭においてください。この製品も製品化にあたり特許が取得されていますが、その特許の取得と健康への効果は全く関係ありません。

 現在のところこのパウダーについては、記事と会社HPしか情報がありませんが、共同研究をしている大学のプレスリリースや原著論文なども気になるところですね。

  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • usericon_noimage
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • usericon_noimage
  • 1429131345XR5ivW3dIQ

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です