水温が30℃を超えると要注意!? 「プール熱中症」の盲点とは?

健康・予防

  • 550
  • 0
  • 0

favicons?domain=www.fnn FNNプライム 2018.08.05 UPDATE

1533372576sn3LDOmo9S

なぜか、全国各地でプールの中止が相次いでいるという。 その理由は「プール熱中症」。 涼しくなれるはずのプールで、熱中症の危険性が増しているというのだ。 「直撃LIVEグッディ!」では、酷暑のプールを徹底観察し、危険な「盲点」に迫った。 盲点(1)思ったよりも水温が高い グッディ!取材班が調査を行った日のプールサイドは、午後3時時点で手元の温度計は44.8℃を指していた。

記事全文を読む

1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4

雑賀智也

医学出版社勤務編集者、東京大学 客員研究員、薬剤師、メディカルライター MPH

プールでも熱中症になります。学校プールでも猛暑日になると、中止されることがあります。暑い日にプールに行きたくなりますが、プールでも熱中症のリスクがあり、適切な水分補給が必要であることを知っておきましょう。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です