<5>歯学部が実証 歌うことで嚥下率が高まりストレスも軽減

健康・予防

  • 153
  • 1
  • 0

favicons?domain=hc.nikkan-gendai 日刊ゲンダイヘルスケア+ 2018.08.01 UPDATE

1533110993GbtQUFiJdg

近年、関心を集めている「誤嚥性肺炎」の予防対策として、身近にある「カラオケ」にも効果があることが分かってきた。  口から物をのみ込む働きを嚥下機能という。加齢とともにこの機能が低下する。結果、口から食道に送り出される食べ物や飲み物、あるいは唾液が、空気が入る肺に入ってしまうのだ。  こうした症状を「誤嚥」といい、誤嚥性肺炎は、誤嚥によって細菌も器官を通して肺に入り込み、炎症を起こす病気だ。

記事全文を読む

1463400580b82d567289a5f6abc7c82c40d7f48b38

松山祐輔

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 国際健康推進医学分野 歯科医師 博士(歯学)

カラオケで飲み込む力が改善するのかをみた、面白い研究ですね。
しかし、記事を見る限りでは参加者全員にカラオケをしてもらっているようです。これではカラオケの効果(=カラオケした人としなかった人の嚥下機能の差)がわからず、エビデンスレベルとしては低いものになってしまいます。例えば、20人参加者をあつめて、くじで選んだ10人に歌ってもらい、残りの10人には何もせずに、その後の嚥下機能を比較する、などがより適切な研究方法になります。

一人カラオケでも効果があるのか、それともみんなでワイワイ歌ったほうが効果があるのか、も興味のあるところです。


  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です