日本人の口は「人糞より汚い」そして臭い

健康・予防

  • 719
  • 3
  • 0

favicons?domain=president プレジデントオンライン 2018.07.14 UPDATE

1531560591ZHsajvasOY

梅雨から夏、「におい」が気になる季節だ。ビジネスでも「悪臭」が相手に与える印象は非常にネガティブ。だが、人は自分の臭いには鈍感なもの。さらに、わかっていても対策が不完全な人も多い。『日本人はなぜ臭いと言われるのか』(光文社新書)を出した内科医の桐村里紗氏は、「日本人はとにかく口臭のケアが足りず、臭い。口腔ケア後進国です」と指摘する――。

記事全文を読む

1434698910e4ed046bbb708fd8d9b605308ff72653

相田潤

東北大学 大学院歯学研究科 国際歯科保健学分野/臨床疫学統計支援室 准教授 歯科医師 博士(歯学) MPH

口腔ケアについての解説です。口腔内の細菌の多さや、口腔ケアの重要性について分かりやすいですね。口臭予防のためにタバコを止めたらいい、というのも分かりやすいです!しかし、本の宣伝も兼ねているためか、口腔ケアをどうやったら良いのか、がほとんど書かれていません。また、「日本人は・・・」という論調がどの程度データに基づいているかはすこし疑問です(日本人の歯科保健行動、そんなに悪くないというのも多いです)。口臭は特に「嫌気性細菌」が重要です。空気が嫌いな細菌は、少し厚く積もったプラークの中や、歯と歯の間のプラーク、歯周ポケットの中のプラーク、そして歯石の中に含まれます。不十分な歯みがきではプラークの表層を落とすだけですので、口臭を減らすのには不十分です。また、歯の複雑な形や、歯みがきの「くせ」のせいでいつもあまり歯ブラシが届いていない場所のプラークは深く積もり嫌気性細菌が取り除けていないことが多いでしょう。電動歯ブラシを使う、歯と歯の間の清掃のために歯間清掃具やつまようじ法の歯ブラシを使う、などがいいでしょう。また、歯石は歯ブラシでは取り除けませんので、歯科医院で時々取ってもらうといいです。仕事の時もお昼に歯みがきをしたり、ポリフェノールを含む緑茶や紅茶を飲むのもいいでしょう。私個人的には、朝と夜で異なるタイプの歯ブラシを使うことで、歯みがき方法ごとの弱点をカバーするようなことをしています。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です