怪しい健康情報、為末さんのジレンマ 数十万フォロワーの社会的責任

健康・予防

  • 236
  • 2
  • 0

favicons?domain=withnews withnews 2018.07.04 UPDATE

元五輪日本代表のアスリート、為末大さんと、医学部卒の医療記者・バズフィードジャパンの朽木誠一郎さんが、医療やトレーニングの情報の「見極め方」をテーマに語り合いました。「健康に悪い」と言っても喫煙者がたばこをやめない理由。フォロワーが増えた結果、発信が慎重になってしまったという為末さんらの話から見えたのは、ネット時代の「コミュニケーション」の大切さでした。

記事全文を読む

1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4

雑賀智也

医学出版社勤務編集者、東京大学 客員研究員、薬剤師、メディカルライター MPH

アスリートの為末大さんとバズフィードジャパン記者の朽木誠一郎さんの対談記事。
医療の選択は、根拠があるかどうか、だけが基準になってはいけない。

記事中に「怪しい情報許さないマンにならないように」とありますが、同じような仕事をしているためか、妙に納得できました。じゃあどうしたらいいのかの答えは難しいのですが、情報との付き合い方を考える上で参考になると感じました。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です