大阪北部地震が契機 評判の「皮膚ねじりダイエット」とは

ダイエット

  • 148
  • 0
  • 0

favicons?domain=hc.nikkan-gendai 日刊ゲンダイヘルスケア+ 2018.06.28 UPDATE

1530192606k4SEiXvDPo

大阪北部地震を受け、最近発売されたダイエット本が思わぬ注目を集めている。エステサロン「マッコイ」代表で、ビューティーアドバイザーの新居理恵氏の「皮膚ねじりダイエット」(サンクチュアリ出版)がそれだ。もともとは、ひざ裏や太もも、背中などの皮膚をねじることによって血流を良くし、ダイエットに役立たせようとして企画されたもの。この方法が、エコノミークラス症候群に詳しい阿保義久医師(北青山Dクリニック院長)の目に触れ、「予防に最適」と注目されたのだ。

記事全文を読む

14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd

雨宮 愛理

医師 公衆衛生学修士

この記事も避難所でのエコノミークラス症候群を予防するための運動に関する記事ですね。
エコノミークラス症候群は長い間足を動かさないことにより足の血管に血の固まりができたりする疾患です。

「皮膚だけねじって予防できるの?」とも思いましたが、「皮膚ねじりダイエット 解説動画」なるものをインターネット検索するとふくらはぎをもんだりしているので、これはこれでいいいのかもしれません…。

ダイエット効果があるかは疑問です。

参考:
厚生労働省 エコノミークラス症候群の予防のために
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000170807.html

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です