エイベックス、医療業界に参入--エンタメ×バイオテクノロジで社会課題の解決へ

病気・医療

  • 333
  • 0
  • 0

favicons?domain=japan.cnet cnet Japan 2018.06.28 UPDATE

1530191780bMHYDLRq1l

エイベックスとHIROTSUバイオサイエンスは6月27日、がんの検診率向上と、線虫による早期がん検査「N-NOSE(エヌノーズ)」の普及のための啓発活動をPRしていくための合同会社「AVEX&HIROTSU BIO EMPOWER LLC.」を設立したと発表した。  2020年1月をめどにN-NOSEの実用化を目指すとともに、N-NOSEの普及に向けたPR活動やがん早期発見の重要性を伝えるチャリティコンサートなどを予定している。

記事全文を読む

14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd

雨宮 愛理

医師 公衆衛生学修士

この記事にある「線虫による早期がん検査「N-NOSE(エヌノーズ)」」は、どのように精度(がん検診の質)を管理しているのでしょうか? もし科学的な論文などが何も出版されていないのであれば、これを普及していくことには疑問を持ちます。

がん検診の「精度」はいくつか指標を組み合わせて評価しています。がん検診は「陽性反応的中度」や「要精検率」といった指標をもとに精度の管理がされています。

「N-NOSE」がどのようにがん検診の精度を管理しているのか知りたいです。


大阪国際がんセンター がん対策センター
がん検診アクションプラン
http://www.mc.pref.osaka.jp/ocr/examination/examination3-3.html

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です