おいしく実現、減塩生活~高血圧に悩む人が厚労省の目標8%を達成するには?

食事

  • 429
  • 3
  • 0

favicons?domain=healthpress HealthPress 2018.06.12 UPDATE

1528771410tbxHddNzzF

年齢を重ねると、結構な割合の人が降圧剤のお世話になっている。あなたの周りにもいるのではないだろうか。しかし、高血圧なのに薬を飲まずに放置しておくと、脳卒中や心疾患など命に関わる病気を引き起こすこともある。  高血圧は、食生活と関係が深い。日本人は白いご飯をたくさん食べるために、漬物や梅干し、佃煮、塩鮭、たらこなどをサイドメニューにする食生活を、これまで長らく続けて来た。

記事全文を読む

14485255348c7d4a55e12edae2c16bc2f81f09fec4

児林聡美

東京大学大学院医学系研究科 社会予防疫学分野 特任助教 保健学博士、公衆衛生学修士、農学修士

高血圧予防には減塩、ぜひ実行したいところです。

この記事では減塩商品を使うことが、まずはてっとり早い方法と紹介されています。
それもひとつの方法ですね。きっかけをつくるにはよいと思います。
けれども、長期に渡って食塩摂取量を少なくするには、薄味に慣れることが大切な気がします。
減塩商品を使いつつ、それだけに頼らず、ほかに提案されている方法も積極的に試してみましょう。

今食塩摂取量が少ない人も、食塩をなるべく少なく使う努力、続けてください。
今の工夫があなたの将来の高血圧を予防します。

若いときから食塩摂取量を下げておくことがいかに重要かはこちらで紹介しています。
http://www.foocom.net/column/nutrepi/16472/

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です