なぜ、余った薬で返金してもらえないの?

病気・医療

  • 395
  • 0
  • 0

favicons?domain=yomidr.yomiuri.co ヨミドクター 2018.05.28 UPDATE

「不要な薬を返すので、返金してほしい」  薬局には、しばしばこう言って薬を持参される方がおられます。しかし、薬局で不要な薬を廃棄することはできても、「返金」することはできません。「納得いかない」と食い下がる方もおられますが、日本全国どこの調剤薬局でも同じ回答しかできません。法律上、調剤した薬についての返金は不可能なのです。

記事全文を読む

usericon_noimage

酒匂 赤人

国立国際医療研究センター国府台病院総合内科医師 公衆衛生学修士

確かに僕も患者さんに聞かれることがあります。アレルギーとか副作用で薬が中止になって余ってしまったり、効果が不十分だから別の薬に変更する場合とか。もったいないなと思う気持ちは当然ですし、僕も申し訳ないなと思うことはありますが、返品を受け付けることはできないですよね。

理由として法律や品質管理の問題を説明し、そもそも余らないようにするためのアドバイスもあり、わかりやすくて役に立つ記事ですね。

以前のヘルスナッジの記事にも、「飲み忘れ、服薬中断…「残薬」年間500億円分にも 医療費のムダどうする?」という記事があります。医師も患者も薬剤師も一人一人が、余分な薬を出さない、もらわない、などできることはたくさんありますね。薬代がもったいないのは、患者さん本人だけの問題ではなく、保険や税でみんなで負担しており、国も健康保険も財政が厳しいですし。
http://healthnudge.jp/7660

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です