【どこまで分かる その検査】がん発症してる人を見つける「がん探知犬」 嗅覚は人間の1億倍で精度ほぼ100%

病気・医療

  • 145
  • 0
  • 0

favicons?domain=www.zakzak.co ZAKZAK 2018.05.18 UPDATE

人の尿や呼気のニオイを犬にかがせて、がんを発症している人を見つける「がん探知犬」。昨年から山形県金山町が全国の自治体で初めて、健康診断にがん探知犬による検査を試験的に導入した。一般向けにもインターネットから「ドッグラボ」という商品名で、がん探知犬によるスクリーニング(簡便な検査)が受けられる。  犬による「がん判定」なので医療行為に該当するものではないが、どんな検査なのか。「ドッグラボ」を販売する「アクア」(東京都港区)の恒松孝幸社長が説明する。

記事全文を読む

14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd

雨宮 愛理

医師 公衆衛生学修士

このドッグラボを扱っている病院のHPを見ると「イギリスの医学誌GUTに論文掲載」と書いてありますが論文のタイトルなど詳細な情報がありません。

もし仮にがんを嗅ぎ分ける能力が犬にあったとしても、訓練度合いによっても違うだろうし…というかどのように犬を訓練しているのでしょう。疑問がいっぱいうかびます。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です