HPVワクチンの論文撤回 英科学誌「不適切な方法」

病気・医療

  • 127
  • 1
  • 0

favicons?domain=www.asahi 朝日新聞 2018.05.16 UPDATE

英科学誌サイエンティフィック・リポーツは11日、子宮頸(けい)がんの原因ウイルスの感染を防ぐ「ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン」に関する、東京医科大などのチームの論文を撤回した。  論文は2016年11月に掲載された。HPVワクチン接種後に脳や神経に異常が起きるかを解明するため、ワクチンと百日ぜき毒素を注射したマウスと対照群を比較する試験を実施。脳の異常などを確認したとする結果をまとめた。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

子宮頸がんの予防を目的としたHPVワクチンの摂取については、副作用と疑われる事例がみられたため日本政府による摂取勧奨が中止され、接種率が大幅に低下しています。

今年に入ってから、名古屋市の調査で副作用(ワクチンの場合、副反応と言います)の可能性を否定されたり、この記事のように、副作用をして期する論文に重大な誤りがあるとして撤回されることが出てきました。今後、政府による定期接種推奨が再開されるかが注目されます。

私としては、早期に再開され、ワクチンにより子宮頸がんにならずに済む人が一人でも多くなってくれることを祈ります。

名古屋市調査の結果報道記事はこちら:https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/nagoyastudy-sadaosuzuki?utm_term=.gip3D9q9B#.mbppDEyEw

今回のサイエンティフィック・リポーツの撤回記事はこちらです:https://www.nature.com/articles/srep46971

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1468394389f93b2765c5048342b755e060852c3d78

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です