認知症の親をみとった…子供にも同じ苦労を?

健康・予防

  • 552
  • 0
  • 0

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経gooday 2018.04.07 UPDATE

1523068064KWjPHlGUQm

まだまだ男盛りの中高年に容赦なく襲いかかる体の悩み。医者に相談する勇気も出ずに、1人でもんもんと悩む人も多いことだろう。そんな人に言えない男のお悩みの数々を著名な医師に尋ね、その原因と対処法をコミカルで分かりやすく解き明かす。楽しく学んで、若かりし日の輝いていた自分を取り戻そう。

記事全文を読む

14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd

雨宮 愛理

医師 公衆衛生学修士

認知症になったら人に迷惑をかけるのでしょうか?

誰もが認知症になる可能性のある今、「人に迷惑をかけないための準備」ではなく、認知症になってもみんなが安心して暮らせる環境づくり・まちづくりにも目をむけてもらえればと思います。

「現状では、介護制度や支援サービスについて、たくさん情報を集めた人が得をする制度」「この年齢の人に予防医学的な見地で献立を作ることにあまり大きな意味はない。」などひっかる記述もあります。言葉の選び方には注意が必要です。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です