花粉症の治療と予防

健康・予防

  • 314
  • 2
  • 1

favicons?domain=www.env.go 環境省 花粉省環境保健マニュアル 2018.03.30 UPDATE

花粉症の原因が花粉であることは、はっきり分かっています。このため、花粉 症の症状を緩和させたり発症を遅らせるためには、花粉についての知識を持って、 いかに花粉を避けるかが予防の基本になります。花粉の予測や花粉情報を有効に 使いましょう。また、一般的に花粉は昼前後と夕方に多く飛散します。外出時の 服装やマスク、メガネなどで花粉を防ぎ、帰宅した時には家の中に花粉を持ちこ まないようにしましょう。一般的な注意事項としては、睡眠をよくとること、規 則正しい生活習慣を身につけることは正常な免疫機能を保つために重要です。風 邪をひかないこと、お酒を飲み過ぎないこと、タバコを控えることも鼻の粘膜を 正常に保つために重要です。

記事全文を読む

1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78

安藤絵美子

大阪大学 社会医学講座環境医学, 特任助教(常勤), 博士(保健学), 公衆衛生学修士

環境省が、花粉症対策マニュアルを出しているなんて知りませんでした。
私は花粉症ではないのですが、もしもに備えてマニュアルに紹介されている「インナーマスク」を覚えておきたいと思います。文部科学省科学振興調整費による研究成果だそうです。査読付き論文として雑誌に掲載されるなど、吟味された研究かは、このマニュアルはわかりませんが。

他にも、地域調査による花粉症の有病率など、(東京都下では約3割弱)など、知っているようで知らなかった、花粉症の科学が紹介されていて、読み物としても面白いです!

http://www.env.go.jp/chemi/anzen/kafun/manual.html

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です