認知症になった認知症専門医 「なぜ私が」患者の問いに

病気・医療

  • 535
  • 0
  • 0

favicons?domain=www.asahi 朝日新聞デジタル 2018.03.22 UPDATE

かつて、「痴呆(ちほう)」と呼ばれて偏見が強かった認知症と、私たちはどう向き合えばいいのか。長谷川和夫さんは半世紀にわたり、専門医として診断の普及などに努めながら、「認知症になっても心は生きている」と、安心して暮らせる社会をめざしてきた。89歳の今、自身もその一人だと公表し、老いという旅路を歩んでいる。

記事全文を読む

usericon_noimage

酒匂 赤人

国立国際医療研究センター国府台病院総合内科医師 公衆衛生学修士

日本では長谷川認知症スケールという検査がよく使われていて、専門でない医師でも利用することもあるし、ほとんどの医師は少なくとも名前くらいは知っているのではないかと思います。それを開発した長谷川和夫医師が自分も認知症になってしまったというインタビュー記事です。Web記事は登録しないと全文読めないのが残念ですが。

痴呆症というかつての病名は差別的で偏見につながる、として認知症への名称変更にもかかわったそうです。認知症の分野で有名な自分が、当事者として発信することの意義を感じて公表されているようであり、今後の活動に注目したいと思いました。

長谷川式の使い方については以下の記事でも紹介されています。あくまでもスクリーニングのため、ということで、この検査だけで確定診断できるものではないということです。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160628-OYTET50010/

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です