余った「葉タバコ」~喫煙以外の利用可能性を探る

健康・予防

  • 379
  • 0
  • 0

favicons?domain=news.yahoo.co yahoo!ニュース 2018.03.09 UPDATE

紙巻きタバコの販売量が落ちているが、この流れは世界へ波及していくはずだ。一方、葉タバコの生産が、依然として経済的に大きな影響を与えている国や地域も多い。植物由来のタンパク質や医薬品などへの応用から、余剰の葉タバコの再利用の可能性を考える。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

タバコの葉の別の利用法について解説した記事で興味深く読みました。

タバコ農家やタバコ栽培への経済的依存が大きな地域では、タバコの葉の利用価値が高まるのは大切なことですね。日本もJTが別のことで商売できるようになると、会社もタバコ農家も大助かりですね。

とはいえ、依存症を引き起こすタバコというものほど強力に人を惹きつけ、巨大な市場を形成できるものを、新たにタバコの葉から生み出すことは至難の技ではないかとも思います。

タバコを育てることに固執せず、少しずつ別の植物を育てるようにするのが正解なのかなあとも思いました。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です