救急時の「延命」どうする…事前に話し合い「納得いく選択を」

病気・医療

  • 812
  • 0
  • 0

favicons?domain=yomidr.yomiuri.co ヨミドクター 2018.02.22 UPDATE

救急搬送される高齢者が増えている。心肺停止など重篤な状態で病院に搬送されると、命は助かっても重い後遺症が残ることが多い。中には 看取 りに近いケースもあり、後になって延命治療を望んでいなかったことが明らかになることもある。こうした状況に、救急医らが「最期について家族で話し合ってほしい」と、搬送先の救急病院で何が起きるのかを紹介する活動を始めた。

記事全文を読む

14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd

雨宮 愛理

医師 公衆衛生学修士

救急時の延命について考えるセミナーを紹介しています。

"蘇生のため、力いっぱい胸を押される高齢者の姿"も実際の映像で紹介するとのことで緊迫感が伝わってきそうですね。

救急搬送の6割が高齢者という統計やセミナーを主催する目的もインタビューされていて、終末期医療について考えるきっかけにもなる記事です。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です