記述問題"幸福感を感じる"と書く子は残念

出産・育児

  • 447
  • 0
  • 0

favicons?domain=president プレジデントオンライン 2018.02.01 UPDATE

1517446939P4JGiEzx8T

2月1日からスタートする東京・神奈川の私立中学入試。親であれば必死にラストスパートする子どもをサポートしたいと考えがちだが、間違ったサポートで足を引っ張ってしまうことも多い。中学受験専門塾を経営する矢野耕平氏は「この時期に親がサポートするなら、記述問題の書き方を教えるといい」という。「+10点」も可能という5つのコツを教えよう――。

記事全文を読む

14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd

雨宮 愛理

医師 公衆衛生学修士

タイトルだけ読むと幸福を感じる子は点数がひかれてしまうように勘違いしてしました。

「幸福を感じる」が正しい答えということでしょう。

この記事には「主語・述語の不一致を防ぐ」「正しい読点(、)の打ち方を把握する」など小学生だけではなく大人にとっても有用なアドバイスも書かれていますので、もっといいタイトルだといいですね。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です