KEIKOと同じ高次脳障害の僕が、小室哲哉不倫疑惑報道に感じたこと

健康・予防

  • 892
  • 1
  • 0

favicons?domain=gendai.ismedia 現代ビジネス 2018.01.29 UPDATE

小室哲哉さんが、週刊文春に不倫疑惑を報じられたのを契機に、引退を発表した。「高次脳機能障害」を抱える妻・KEIKOさんの介護に疲れ不倫に走ったと報じられた、などの憶測が飛び交っている。 そんななか、高次脳機能障害の当事者であり、発達障害の妻との18年に渡る家庭再生の記録を『されど愛しきお妻様~「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間』にまとめた文筆業の鈴木大介さんが、一連の報道についてどう思ったか、その所感を綴った。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

藤田保健衛生大学医学部公衆衛生学 講師 博士(障害科学)

私が中学、高校生の頃はまさに小室ファミリーの全盛期で、体育祭のダンスではglobeのDeparturesで踊ったのを覚えています。あの頃のティーンの日常には小室さんの音楽があふれていました。そんな小室さんが奥様のくも膜下出血を発症、高次脳機能障害による介護。どれだけの苦悩があったのか、私には想像もつきません。その中で今回の報道、そして引退。

ログミーの会見全文(https://logmi.jp/259289)に目を通すと、引退という決断に至るまでには贖罪という意識もあるけれども、ご自身の体調的にも限界がきている、と読み取れます。このような形で引退を決意され、今後おそらく奥様にも介護者として今まで以上に寄り添っていくのだろうと思います。でも私には介護者である小室さんが、これまで以上にどんどん社会から孤立していってしまうだけのように思えてならないのです。

これから介護される側が増えるということは、介護する側も増えていくということです。する側、される側の社会からの孤立をどうしたら防ぐことができるのでしょうか。今後の公衆衛生でも課題になってくることだと思いますし、せめて、この件をきっかけに多くの人が考えるようになって状況が改善すれば、と思わずにいられません。

この記事は、贅沢を言えば、高次機能障害の離婚率が高いことはデータを引用して書いていただけたら良かったのですが、当事者であるこの方でないとかけない記事なのではないかと思います。高次機能障害については専門ではありませんが、なかなかこういう当事者の話が出てくることもありませんので、多くの方に読んでもらえればとご紹介します。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です