わかりづらい"専門外来"が増えている理由

病気・医療

  • 477
  • 0
  • 0

favicons?domain=president PRESIDENT Online 2018.01.28 UPDATE

1517126322FJPI82lM5Q

従来の診療科とは別の「専門外来」を掲げる診療所が増えている。「薄毛外来」「めまい外来」「アンチエイジング外来」……。名前は親しみやすいが、いきなり受診してもいいのだろうか。雑誌「プレジデント」(2017年1月2日号)の特集「医者の診断のウラ側」より最新事情を紹介しよう――。

記事全文を読む

usericon_noimage

酒匂 赤人

国立国際医療研究センター国府台病院総合内科医師 公衆衛生学修士

内科とか眼科とかは標榜科目といって、法律で決められているけど、〇〇外来は自由に名乗っていいということですね。専門外来の実例を4つのタイプに分類しながらいろいろ紹介していて、なかなか面白いし役に立つ感じがします。

自由に専門外来を名乗っていいというのは何か問題が起きそうな部分もありますが、自分が受診すべき病院を探すのが難しいこともあるので、わかりやすくていい気もします。また標榜科についてもルールがあるとはいえ、特に詳しくなくても名乗れてしまうという問題もあり、以下のサイトでもとりあげられています。
自由標榜制(朝日新聞デジタル)
https://www.asahi.com/articles/SDI201510114450.html

専門外来の中には自由診療になっているところもあり、健康保険の対象外で高額にはなるものの、自由診療を行う医師には自分の腕に自信があるケースが多い、とありますが、あまりそうは思いません。日本の保険診療では、情熱大陸やプロフェッショナルなどのTV番組でとりあげられるような有名な医師が診療しようが、若手や平均的な医師が診療しようが基本的に費用は一緒です。保険の対象外で自由診療になっているのは予防に関すること、美容に関すること、本当に効果があるのか十分な根拠がないこと、などが多く、がんの免疫療法などを含めて「法外な費用がかかりそう」「信頼できるかわからない」というのはそれほど間違ったイメージではないと思います。もちろん自由診療イコール怪しくて高い、ということを言っているわけではないですが、ブラックジャックのように高いお金を払うとすごい手術で命が救われる、みたいなことはあまり日本ではないと思います。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です