雪によるケガは翌日以降の方が多い。 東京消防庁が注意呼びかけ

健康・予防

  • 320
  • 0
  • 0

favicons?domain=www.houdoukyoku ホウドウキョク 2018.01.27 UPDATE

1517011307GkmiJvlMay

22日、東京都内は4年ぶりの大雪となった。 東京消防庁によると、毎年12月から3月までの期間に、積雪や凍結路面により滑って転倒するなどの救急事故が多くなる。2016年12月から2017年3月では、東京消防庁管内で14人が救急搬送されているという。 過去5年間では1741人が救急搬送され、積雪の多かった2013年12月から2014年3月までの期間に738人が運ばれている。 年齢層別にみると、60歳から64歳が最も多く救急搬送されているが、東京都内では雪になれていない人が多いため、20代、30代など若い世代でもかなり多い。

記事全文を読む

14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd

雨宮 愛理

医師 公衆衛生学修士

東京ではたまにしか雪がふらないので、雪の降った時の対応に慣れていないのかもしれませんね。

雪の降った日の翌日、救急出動が過去最多になったそうです。

雪が降ったら無理に外出せず、自宅待機というのもいいかもしれませんね。会社も大学もどのように対応するのかあらかじめ決めておくのもひとつの手かと思います。


都内の救急出動、過去最多 大雪影響か
https://mainichi.jp/articles/20180125/k00/00e/040/275000c

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です