ココを押すだけ!自分でできるインフルエンザ対策になるツボは?

健康・予防

  • 292
  • 0
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co yahoo!ニュース 2018.01.27 UPDATE

寒さが増してくると気になるのが季節性のインフルエンザ。例年11~12月から流行が始まり、1~3月頃にピークを迎えることが多いので、しっかり予防しておくことが大切です。 皆さんも予防接種や手洗い、うがい、マスクの着用など様々な方法を試されていると思いますが、ここでは東洋医学の観点からインフルエンザを捉えることで、ツボを用いた予防法と症状の緩和法について解説したいと思います。

記事全文を読む

14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd

雨宮 愛理

医師 公衆衛生学修士

この記事には「東洋医学の観点では、身体の中に風熱が侵入した状態こそがインフルエンザであると考えられます。」とあるので、西洋医学のいうインフルエンザとは定義が違いそうですね。

(東洋医学で、本当にこのように考えらえているのでしょうか?)

いずれにしてもツボを押すだけでインフルエンザウイルスの感染が予防できるとは考えにくいです。

厚生労働省では、インフルエンザの予防について以下の6つをあげています。

1) 流行前のワクチン接種
2) 飛沫感染対策としての咳エチケット
3) 外出後の手洗い等
4) 適度な湿度の保持
5) 十分な休養とバランスのとれた栄養摂取
6) 人混みや繁華街への外出を控える
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です