「失った乳房」はここまでキレイに再建できる

病気・医療

  • 154
  • 0
  • 0

favicons?domain=toyokeizai 東洋経済オンライン 2018.01.21 UPDATE

乳がんの発覚後、がんの進行状況によって、あるいは、再発を防ぐために乳房を全摘出する人は少なくないが、最近は乳房を「再建」する手術を受ける人も増えている。 2016年10月に乳がんが発覚した起業家の川崎貴子氏も、友人のアドバイスを受けて、右乳房の全摘手術と同時に、乳房を再建する手術を受けた。自らの乳房に未練はなかったと、乳がん体験記『我がおっぱいに未練なし』につづっている川崎氏が、再建を決めた理由は何だったのか。そして、「新しい乳房」の感触は。 乳がん発覚後の生活の変化などについて語ってもらった前編(「乳房と別れを告げた女性」が選んだ生き方)に続き、乳房再建に積極的に取り組むセルポートクリニック横浜院長で医学博士の辻直子氏との対談後編をお届けする。

記事全文を読む

14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd

雨宮 愛理

医師 公衆衛生学修士

保険適応のない脂肪注入についても「入院せず日帰りか、長くても2、3日程度。」と紹介しているのが気になります。

こういった一般向けの記事で、広告と明記せずに自分の病院で行っている診療について紹介するのは、どこまでOKなのでしょうか。

多くの人に読まれる記事だからこそ、その内容には十分注意してもらいたいと思います。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です