モスバーガーが「創業以来の絶不調」である、もうひとつの理由

健康・予防

  • 1,244
  • 3
  • 0

favicons?domain=www.itmedia.co ITmedia ビジネスオンライン 2018.01.18 UPDATE

15160789597PRSoMiV8g

 売上高、利益ともにフタケタ成長で絶好調のマクドナルドと対照的に、業界第2位のモスバーガーが苦戦している。  「創業以来2度目の絶不調」(現代ビジネス 2018年1月8日)なんてことまで言われ、昨年からあれが悪い、これがマズかったなんて調子で、さまざまな敗因が取り沙汰されている。  例えば、かつて成長の原動力だったフランチャイズシステムがオーナーの高齢化で機能しなくなっているとか、コンビニのコーヒーがおいしくなったことで競合となったという方がいる。また、安くもなく高くもない中途半端な価格帯がよくないからだという人もいれば、いやそうではなく、SHAKE SHACKやUMAMI BURGERなど海外から高品質・高価格をうたうプレイヤーの上陸で、モスバーガーの売りである「健康志向」や「品質」というアドバンテージがなくなりつつある、という指摘をするメディアもいた。  立派な専門家やジャーナリストが分析していることでどれも納得のいく話である。ただ、どなたもまだ指摘していないものの、ここにきて王者・マクドナルドと大きな差が開いてしまった背景には、もうひとつ大事な要素があるのではないか、と思っている。  それは、「分煙」だ。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

藤田保健衛生大学医学部公衆衛生学 講師 博士(障害科学)

 苦戦を強いられていると時々話題に上っているモスバーガーですが、ビジネス的な原因意外にも「分煙」が1つの原因ではないか?と考察する記事です。

 確かに言われてみれば、どのハンバーガーショップより健康志向を売りにしているモスバーガーですが、そのモスバーガーが健康志向を売りにしているのに全面禁煙じゃないのは筋の通らない話ですね。最近モスバーガーが近くになく、もっぱらポケモンポータルのあるマックによく行くので気がつきませんでした。

 以前もコメントで取り上げましたが、サイゼリヤ(サイゼリヤ 再来年9月までに全店舗を禁煙へ http://healthnudge.jp/12090)、ケンタやデニーズ(ケンタやデニーズも「全席禁煙」 分煙はバイト採れず 東京都の条例先取り、喫煙客離れても長期ではプラスに http://healthnudge.jp/12076)も全席禁煙に舵を切っています。

 こういった過去の事例もうまく盛り込みながら、論文の引用なども含めており、今までの経緯がよくまとまっていて読みやすい記事となっています。記者の「モスバーガー愛」も伝わるとてもよい記事だと思いました。禁煙店舗見つけて久しぶりにいってみようかな。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • usericon_noimage
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です