日本を「命の格差を軽視する国」にしないために言っておきたいこと

健康・予防

  • 304
  • 6
  • 0

favicons?domain=gendai.ismedia 現代ビジネス 2018.01.03 UPDATE

1514988276jknyfXyxsR

NHKスペシャル取材班による「健康格差:あなたの寿命は社会が決める」が講談社現代新書から発売されて話題になっている。 健康格差とは、住んでいる地域や所得、職業により、寿命や健康的な生活習慣が異なることを言う。読者は、日本にもこれほどの健康格差があることに驚き、個人の自己責任による努力だけでは到底解決し得ないことを痛感することだろう。 昨年9月に同タイトルで報道された番組の取材班が、1回きりのテレビ放映では足りない、もっと大きく社会的な議論とすべきであるとの思いで書籍化したものだ。私もこの本の普及を応援している。

記事全文を読む

14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd

雨宮 愛理

医師 公衆衛生学修士

この記事では「格差」や「貧困」の話題をポルノ化してはならないと、警鐘を鳴らしています。

格差を扱ったメディアの報道は、時に人々の興奮をあおります。記事を多くの人に見せたい・読ませたいと思えば思うほど、内容も過激になったりするでしょう。

でもその報道によって傷つく人がいるかもしれないし、もしかしたら誰かの命を奪うこともあるかもしれません。

この記事では「格差」や「貧困」について報道するときに配慮するべき点についてわかりやすく説明しています。

  • 6
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • 14494684818302b153f29e05ae1da7495c5bf8f38f
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です