ネットで手軽に……クスリに溺れ売人となった母、「因果応報」息子も大麻 (1/5)

メンタル

  • 127
  • 0
  • 0

favicons?domain=www.itmedia.co ITメディア by NEWS 2018.01.03 UPDATE

1514982877U0O6wytskB

今から十数年前のインターネットの急速な普及が薬物の流通を大きく変えたと、田中絵美子(40)=仮名=は感じている。それまでは、いわゆる暴力団関係の「怖い人」に接触して入手するしかなく、薬物は多くの人にとって「遠い存在」だった。  だが、ネットは、暴力団関係者と末端の顧客を結ぶ無数の密売業者を生み、薬物を、誰もが簡単に手を出しやすい存在へと変えてしまった。

記事全文を読む

14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd

雨宮 愛理

医師 公衆衛生学修士

インターネットの普及は違法薬物の売買にも役立ってしまったという記事です。

記事には「およそ40人に1人が何らかの薬物に手を出している計算になる」と書いてありますが、感覚としてはちょっと多い気がします…。(学校のクラスで1人くらいは手を出しているということでしょうか?)

この研究チームがどのような人たちを対象としてサンプル調査を行ったのかが気になります。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です