子宮頸がんになったらどのような治療をするかご存じですか?

病気・医療

  • 464
  • 3
  • 0

favicons?domain=www.buzzfeed BuzzFeed NEWS 2017.12.21 UPDATE

1513858592ww3usr1hJJ

子宮頸がんのほとんどはHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染が原因で発生します。 HPV感染自体はごくありふれたことで、性交渉の経験のある人であれば誰でも感染する可能性があります。ただし、そのうちの多くは、自身の持っている免疫でウイルスを排除することができます。 しかし、がんを形成するリスクが高いハイリスク型のHPVが長期間感染し続けると前がん病変が形成され、その一部は頸がんへと進むのです。 がんになる一歩前の前がん病変は、CIN(Cervical Intraepithelial Neoplasia)と呼ばれます。 その進行度によって、CIN1(軽度異形成)、CIN2(中等度異形成)、CIN3(高度異形成・上皮内がん)に分類されます。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

子宮頸がんを予防するためのHPVワクチンの接種率は、副作用に関する訴訟がはじまり接種率が70%程度から1%未満にまで減少して国際的な話題となっています。

ワクチンを打たなくても、健診で十分防げるのではないか、という意見があります。

ワクチンと検診それぞれの役割や利点と欠点、効果の違いなどが客観的に書かれているよい記事だと思います。一読をお勧めします。

著者の利益相反情報も掲載されていてよいと思いました。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です