がん患者が「科学的根拠のない治療」にすがる理由 死への不安とどう共に向き合うか

病気・医療

  • 768
  • 4
  • 0

favicons?domain=ex.yahoo.co BuzzFeed Japan Medical 2017.12.16 UPDATE

13年半も前の話になりますが、卵巣がんになったときに周囲から「マイタケを煎じた汁を飲んだらがんが消えた人がいるらしい」とか、「還元水という装置を使って水を飲んだらがんの予防ができるらしい」などと言われました。 「そんなもので治ったらノーベル賞取れるわ」と、無責任な科学的根拠のない情報を持ち込む善意の人たちに悪態をつく自分がいました。いま思えば、がんは超早期であったし、不安が少なかったから、怪しい情報を信じることなく悪態をつけたのかもしれません。 患者会を始めてみると「科学的根拠のない治療」について患者さんから聞くことが多くあります。

記事全文を読む

1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4

雑賀智也

医学出版社勤務編集者、東京大学 客員研究員、薬剤師、メディカルライター MPH

なぜ患者さんが「科学的根拠のない治療」に患者さんが向かってしまうのかをテーマにした記事です。

正しいことを伝えるだけでは、患者さんや患者さんを支える家族の不安な気持ちには、応えることができません。とても考えさせる内容でした。患者さんだけでなく、医療関係者の方たちにも読んで貰えたらと感じ、ここで紹介させていただきました。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1451448995kXg5b2uZw1

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です