「地獄の底」に希望の光――アルコール依存、女性の軌跡

メンタル

  • 426
  • 1
  • 0

favicons?domain=news.yahoo.co yahoo!ニュース 2017.12.15 UPDATE

15132335667ePgMJ6UtF

アルコール依存症は誰でも陥る可能性がある病気である一方、ひとりでそこから脱却するのは困難といわれる。依存症の女性たちを支援する「ダルク女性ハウス」を主宰する上岡陽江(かみおか・はるえ)さん(60)も、かつてアルコール依存症に苦しんだひとりだ。「地獄の底は意外と豊かだった」。彼女がみつけた希望の光とはなにか。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

藤田保健衛生大学医学部公衆衛生学 講師 博士(障害科学)

アルコール依存症であった当事者の方が依存症の女性たちを支援する施設を立ち上げたお話です。

芸能人や有名人が、薬物保持などで逮捕され、何度もそれを繰り返すニュースをみるたびに、私もこの記事にあるように「不法薬物の使用で警察に摘発されても、治療は受けられないまま、何度も刑務所に入る仲間がいた。出所してもケアする施設がない。」のはどうにかならないのかと思っていました。

この記事で、少ないけれどもそのような方への支援施設が存在することを知って少しほっとしました。

 ご自身のアルコール依存の過去についての話は壮絶です。ぜひご一読されること、また普段からアルコールを日常的に摂取される方には記事中にある依存症チェックリストをやってみることをお勧めします。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です