高齢になったら夫婦で海外旅行には行くな

健康・予防

  • 693
  • 13
  • 0

favicons?domain=president PRESIDENT Online 2017.12.13 UPDATE

1513127620jqH65CSEJb

来るべき超高齢化社会には、多くの課題が待ち受けている。それらはどれも複雑な要素を含んでおり、ひとつの学問でそれらに対処し、解決するのは難しい。そこで求められるのが、医学、看護学、経済学、倫理学など、さまざまな分野を横断し、知を結集させた新しい学問体系だ。それを構築するべく、2009年、東京大学に設置されたのが、高齢社会総合研究機構である。 「東大中の学部から約40人の先生が集まって、研究を始めました。創設時から手がけているのが、東大のキャンパスがある千葉県柏市の住宅団地をモデルにした、高齢社会対応の街づくりです。さらに学生や市民の学習のため、高齢社会に関する基礎知識をまとめた『東大がつくった高齢社会の教科書』をつくりました」

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 医学医療系 准教授 博士(体育科学)

強烈なタイトルですね。
「高齢になったら夫婦で海外旅行には行くな」
このことが、本当に「東大がつくった高齢社会の教科書」に書かれているのかどうかは定かではありません。しかし、仮に書籍には書かれていなかったとしても、東京大学高齢社会総合研究機構・機構長に対するインタビュー記事ですので、その内容とその影響力については、十分に配慮する必要があります。

この記事では、「最期まで健康に生きるための東大流メソッド」として、10のトピックが紹介されています。この記事のタイトルを含め、「マッサージに頼るな」「蕎麦を食べるゆでるときは大鍋で」「夫婦の寝室は別々に」など、およそ科学的根拠には基づいていないだろうトピックが並んでいます。

ちなみに、東京大学高齢社会総合研究機構のホームページはこちら。
http://www.iog.u-tokyo.ac.jp/
機構長のインタビュー記事が掲載されたことがPRされています。また、機構の目的として、「エビデンス・ベースの政策・施策提言を行っていくことを目指しています」と書かれています。その成果がこの10のトピックだとしたら・・・。

繰り返しになりますが、その「教科書」という書籍は読んでいません。しかし、機構長のインタビュー記事でこの内容はいただけません。

  • 13
  • /
  • 専門家のいいね!8
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 149088683124a9722961b004cfb4848a2a1780ff7e
  • 14264914291c1b81d1c179b677be464f4299d40394
  • 14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd
  • 1513578965bdd7e5188a73decf7ea807db9c967af6
  • usericon_noimage
  • 14345301913cc6d30fea2729514d366c8d4b1cf1ba
  • 1459485756604fb09ee7655736eba9ffef63f3fb3a
  • usericon_noimage
  • 1429131345XR5ivW3dIQ

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です