「エナジードリンク」養護教諭アンケートから――現場の懸念浮き彫りに

食事

  • 349
  • 1
  • 0

favicons?domain=news.yahoo.co yahoo!ニュース 2017.12.04 UPDATE

1512337422MQKt1ZDa0g

子どもにとって保健室は「大人から評価されることがない」「否定されない」という特徴を備えた場所であり、体調不良時はもちろん、心身の相談をしに多くの子どもが集まってくる。貧困や虐待など現代の子どもが抱える困難を探ろうと、主に公立中学校の保健室の継続取材をする中で、「エナジードリンクにハマる子ども」の存在が目につくようになった。

記事全文を読む

14778355472820234ddcab0fc9f6d5b0956459cf2d

田中宏和

東京大学 大学院医学系研究科 医学博士課程 公衆衛生学修士(専門職)

小・中学生、高校生でエナジードリンクに依存する生徒の様子を調べたアンケート結果の記事です。学校保健の現場では他にもネット依存やスマホ依存などが指摘されますが、これらと並んで対策が必要な問題であると思います。

この記事で注目していただきたいのが、「夏休みにエナジードリンクの無償提供のプリントが学校に来ていました。本校では申し込みはしませんでしたが、生徒を対象としているのだと驚きました」という先生の回答です。つまり明らかにエナジードリンクメーカーは生徒を対象にマーケティングを行なっています。したがって、生徒に注意を喚起するだけでなく、メーカーのマーケティングにどのように対処するかも重要なポイントになります。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です