がんの標準治療実施率72%。医療水準の「均てん化」ってなに?

病気・医療

  • 133
  • 1
  • 0

favicons?domain=www.houdoukyoku ホウドウキョク 2017.12.04 UPDATE

1512336074IuKP2XO7i1

NPO法人がんノートの岸田徹です。29日、国立がん研究センターからがん診療連携拠点病院を中心とする2013年治療実態調査が発表されましたのでレポートします。 がんによる死亡率において、2015年までの10年間の減少幅が15.6%にとどまり、国が掲げる20%減の目標を下回りました。 その状況を踏まえ「喫煙、検診、均てん化」の分野においてさらなる取り組みの強化が求められています。 「喫煙」「検診」については、みなさん誰もがご存じですよね? でも「均てん化」ってなんでしょうか?

記事全文を読む

14778355472820234ddcab0fc9f6d5b0956459cf2d

田中宏和

東京大学 大学院医学系研究科 医学博士課程 公衆衛生学修士(専門職)

「標準治療とは、科学的根拠に基づいた観点で、現在利用できる最良の治療であることが示され、ある状態の一般的な患者さんに行われることが推奨される治療をいいます。」(国立がん研究センターがん情報サービスより)

こうした標準治療が全国の医療機関で広く実施されることでがん医療の均てん化につながり、結果としてがん医療の底上げにつながります。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です