子どものために禁煙しよう=東京、来春から新条例施行

病気・医療

  • 103
  • 2
  • 1

favicons?domain=headlines.yahoo.co 時事通信 2017.11.29 UPDATE

たばこの煙が健康に有害なのは常識。だが、禁煙対策に取り組む専門家は「被害の深刻さに対する一般の理解はまだ不十分だ」と言う。特に、他人の煙にさらされる「受動喫煙」の有害性について、軽く考えている人が多そうだ。東京都議会が10月、自宅の部屋やマイカーといった私的空間でも受動喫煙から子どもを守るよう大人に求める条例を可決したのを機に、専門医らが語る受動喫煙問題の基礎知識と「被害」の実態を紹介する。 子どものために禁煙しよう=東京、来春から新条例施行

記事全文を読む

14778355472820234ddcab0fc9f6d5b0956459cf2d

田中宏和

東京大学 大学院医学系研究科 医学博士課程 公衆衛生学修士(専門職)

都の受動喫煙防止条例が可決されました。一方で、地域ごとに受動喫煙対策に差が出ると、健康格差が広がるリスクになると考えられます。

条例を機に東京都での受動喫煙が減るとすると、他の地域と受動喫煙による健康への影響に差が生じ、結果として死亡率の差などが拡大する可能性があるためです。これは健康格差の縮小を掲げた「健康日本(第二次)」と明らかに矛盾しています。

受動喫煙を防ぎ、かつ健康格差を縮小させる方法の一つが全国レベルでのより厳しい受動喫煙防止法の制定です。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 14485255348c7d4a55e12edae2c16bc2f81f09fec4
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です