「いっそ死にたい」壮絶な苦しみを絵と言葉に――ギラン・バレー症候群を超えて

病気・医療

  • 195
  • 0
  • 0

favicons?domain=news.yahoo.co yahoo!ニュース 2017.11.14 UPDATE

15106272365NmWpwW0ro

漫画家たむらあやこは、22歳の時に「ギラン・バレー症候群」を発症した。24時間続く痛みと吐き気に「いっそ死にたい」とさえ思った。10年にわたる闘病記を漫画『ふんばれ、がんばれ、ギランバレー!』として昨年出版。壮絶な体験をした自分だからこそ伝えられるメッセージを、誰かのために。絶望と背中合わせのささやかな希望を作品に注ぎ込む。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

藤田保健衛生大学医学部公衆衛生学 講師 博士(障害科学)

以前コメントした記事(http://healthnudge.jp/11519)でも取り上げましたが、22歳の時にギラン・バレー症候群を発症した、漫画家たむらあやこさんとそのご家族のインタビュー記事です。

私も漫画を購入して読んでいますが、この文章からももちろんその闘病生活の壮絶さが伝わりますが、漫画は絵が加えられる分印象に残りやすいんですよね。漫画のシーンを思い出しながら「ああ、あのコマか・・・」と思いながらこの記事を読みました。

記事ももちろんですが、漫画も一部Webに公開されているのでぜひ読んでいただけたらなと思います。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です