自宅で人間ドックが受けられる! 「おうちでドック」はがん検診の受診率の低さに風穴を開けるか?

病気・医療

  • 229
  • 4
  • 0

favicons?domain=healthpress HealthPress 2017.11.06 UPDATE

1509945936uSOK7yaBep

「ハウンドドック! ほっとドック! おうちでドック!」とお笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右が連呼するテンションの高い記者会見が11月1日、都内で行われた。  これは、がんや生活習慣病などの疾病を発見できる検査キット「おうちでドック」(ハルメク・ベンチャー株式会社)の発売記者会見でのこと。医療機関並みの精度の高い検査で、家にいながらにして「人間ドックレベル」の健康診断が受けられるサービスだ。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

自宅での少量の自己採血などでがんのリスクをチェックできるものが発売になったという記事です。

わかりにくいですが、記事をよく読むと、従来のいわゆる腫瘍マーカーというものをチェックするもののようです。

腫瘍マーカーを使ったがん検診の正確さはがんの種類や検査によってもまちまちですが、多くは不十分であることが知られています。腫瘍マーカーはある程度がんが進行してからでないと上昇してこないからです。

その為通常の住民向けの健診では推奨されていません(http://canscreen.ncc.go.jp/guideline/matome.html

不正確な検査をむやみに広げると、間違って陽性に判断され、無用な精密検査を受ける結果となるなど、良いことばかりではありません。

「手軽な検査」に飛びつくのは危険ですし、このような記事はその意味で望ましくないですね。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4
  • usericon_noimage
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • 1429131345XR5ivW3dIQ

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です