塩なのに塩分50%カット?「減塩しお」のしくみ

食事

  • 195
  • 3
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co yahoo!ニュース 2017.10.05 UPDATE

「“塩”なのに、“減塩”とは?」不思議に思っている人も多いのではないでしょうか。ヒントは、中学校の理科の時間に習う「塩化ナトリウム」です。 通常、わたしたちが知っている「食塩」は、99%が塩化ナトリウムでできています。なぜ100%ではないかと言うと、海水からつくることが多いので、どうしても他のミネラル分等が1%ほど残ってしまうからです。この残留ミネラル等の味が粗塩の味を決めていると言われています。

記事全文を読む

14485255348c7d4a55e12edae2c16bc2f81f09fec4

児林聡美

東京大学大学院医学系研究科 社会予防疫学分野 特任助教 保健学博士、公衆衛生学修士、農学修士

調味料として使用している塩(しお)に関して、色々な呼び方がされてしまっていますが、塩そのものを「塩分」と呼ぶのは誤りですね。
中学・高校の理科の授業に立ち戻って丁寧に説明されており、塩に関して復習できます。

これらを理解したうえで、減塩にはぜひ、取り組んでいただきたいところです。
けれども、安易に食塩含量の少ない「減塩しお」に手を出し、それで安心してしまうのは、不十分かな、という気はします。
この方法だと、結局、薄い塩味で十分だという感覚が身につかないからです。
減塩しおが使える状況が常にあるとは限りません。
どんな場面でも減塩できるようにするには、自分の舌を薄味に慣れさせることを、より大切にしてほしいと思います。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です