89歳母介護の男性「受け止めるのに3年 開き直るのに5年」 認知症への理解を 世界アルツハイマーデー

病気・医療

  • 235
  • 2
  • 0

favicons?domain=www.sankei 産経ニュース 2017.10.02 UPDATE

認知症への理解を深めようと、「国際アルツハイマー病協会」(本部・英国)が平成6(1994)年に制定した「世界アルツハイマーデー」の21日、国内では30カ所が認知症のシンボルカラーであるオレンジ色にライトアップされる。  日本では、公益社団法人「認知症の人と家族の会」(同・京都市)が中心となって25年からライトアップを行っており、今年はポートタワー(神戸市)や京都タワー、大阪城などがオレンジ色に灯される。

記事全文を読む

142735085000caa3fbdf789c1202e7a082a746ac31

村山洋史

東京大学高齢社会総合研究機構 特任講師 看護師・保健師 博士(保健学)

「認知症=オレンジ」って皆さん知ってました?「乳がん=ピンク」とかと同じように認知症もテーマカラーを持っています。認知症サポーターというのが全国で900万にもいるのですが、サポーターになるとオレンジのリストバンドがもらえます。また、国の認知症施策の名前は、「オレンジプラン」という名前がついているんです。

そんなポップな色がついているにも関わらず、世間の認知症や認知症介護に対するイメージはまだまだネガティブです。そして怖いのは、「よくわからないけど何となく大変そう。。」というイメージや先入観です。こういったイメージや先入観によって、認知症を持った方やその家族が行きにくい世の中になってしまうのは残念です。

今回の記事のように、気軽にアクセスできるネットニュースで認知症介護の現実について知る機会があると、ちょっとずつ世の中のイメージも変わるかもしれません。少しずつでも世間の理解が進むといいなと思います。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です