ゲームで人は健康になるか!? 最新論文「ポケモンGOは健康増進につながらない」

健康・予防

  • 379
  • 3
  • 0

favicons?domain=healthpress HealthPress 2017.09.07 UPDATE

1504710938GAcRiMYAMF

社会現象になったスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」も、日本上陸から1年が経った。「レアポケモンが出る」と人が集まって騒ぎになったり、「ポケGOで交通事故」などが紙面を踊ったのも懐かしい感じさえある。  調査会社の推計によると、「ポケモンGO」アプリの当初1000万人を超えていたアクティブユーザーは約442万人(今年6月)になったそうだ。アクティブユーザーは全盛期の半数以下に減ったが、40代以上のユーザー比率が増加してヘビーユーザーも多いという。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

藤田保健衛生大学医学部公衆衛生学 講師 博士(障害科学)

しばしば周りにはまだやってるの!?と驚かれますが、私も未だにポケモンをやっている一人です。さらにいえば同じ会社が開発したイングレスもやっているので、移動中はほんと忙しいです。とはいえ、もっぱらアプリを立ち上げるのは通勤のバス車内。バスがノロノロ走るときは歩行距離が稼げて卵も孵化しやすくなり、とても素晴らしい環境です。もちろん沿線のポータルやジムの位置も把握済み。

とまあ、こんなわけで、普段の運動量としてはこの一年大して変わっていません。ただ、イングレスの機能の1つであるミッションは、メダルを集めるのが楽しくてついつい出張先では散歩がてらクリアしてしまいますのでそれなりに効果はあるかもしれません。

できることなら、アプリの機能に歩数や、スマホと同期できるヘルスメーターの値を取り込めるようになってくれるといいなぁと思いますし、更に正確な研究成果が上がるのではと思いますので、ナイアンティックの皆様実装および共同研究のご検討、よろしくお願いします!

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • usericon_noimage
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です