「夢の治療法」「副作用なし」 怪しい免疫療法になぜ患者は惹かれるのか?

メンタル

  • 271
  • 3
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co yahoo!ニュース 2017.09.04 UPDATE

手術、抗がん剤、放射線ががんの3大療法として知られるが、これに近年、「第4の療法」として期待が高まっているのが患者の免疫に働きかける「免疫療法」だ。しかし、免疫療法には、治療効果が科学的に証明されたものと、明らかになっていないものがある。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

がん患者を相手にした悪徳商法であったことがわかっても、寄り添ってくれたそのクリニックのスタッフへ感謝の念を持ち続けた患者さんとそのご家族の話から始まり、患者を食い物にするニセ医学に引っかかってしまう心理と、医療現場の課題を浮き彫りにしている記事です。ここまでひどい対応をする医師や医療機関も少ないのでは、と医療関係者の一人としては信じたいところですが。。

「「患者は『大勢の誰かにとって良い治療』を求めているのではありません。『私にとって良い治療かを考えてくれていますか?』と主治医に問い、自分にとって最善と感じられた時に治療に納得します。医師は、完治ができない状況であっても、『目の前にいるあなたのことを考えていますよ』というメッセージを患者に伝えてほしい」と願う。」

「寄り添う」ことの大切さとてもよくわかります。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • usericon_noimage
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です