リプニツカヤ電撃引退 フィギュア選手“拒食症”の壮絶実態

病気・医療

  • 689
  • 1
  • 0

favicons?domain=www.nikkan-gendai 日刊ゲンダイDIGITAL 2017.09.01 UPDATE

1504153538cawkqd2nNg

28日に明らかになった、2014年ソチ五輪フィギュア団体金メダリスト、ユリア・リプニツカヤ(19)の電撃引退。ロシアの国営通信社はリプニツカヤの母の言葉として、「拒食症の治療後、4月にロシアフィギュアスケート連盟に引退を伝えた」と報じた。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

藤田保健衛生大学医学部公衆衛生学 講師 博士(障害科学)

ソチオリンピックでの、団体フリー演技「シンドラーのリストより」は衝撃を受けたのを覚えています。まるで映画のワンシーンのようでした。そして何よりも、15歳の選手が演じているとは到底信じられない演技でした。

 フィギュアスケート、特に女子では思春期以降の体重変化でジャンプやスピンなど伸び悩む選手が多く見られます。あの浅田真央さんも成長期で身長が伸び、得意としていたジャンプに狂いが出るなどありましたよね。もちろん女性だけではなく男性も体つきが変わったり身長が高くなったりするためつまづく選手は多いです。そんなところにこのニュースが入ってきて驚きました。まだ19歳。

 フィギュアスケートで拒食症といえば、鈴木明子さんも悩んだと公にしています。また最近もマラソン選手の話題があるように、「軽くなると競技の得点やタイムに影響する」競技ほど拒食症に陥りやすいのでしょう。

 拒食症については専門の先生方に解説をお願いするとして、リプニツカヤさんが早く拒食症から回復して健康的な生活を送り、できることならば鈴木明子さんのようにアイスショーでもいいからいつか競技に復帰して、またあの素晴らしい演技を見せてくれたらなと思います。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です